半袖でも気にしない!二の腕の自宅ケア法

肌の露出が多い季節になるとどうしても気になってくるのが、二の腕のザラザラ。
ちまたでは、サメ肌とも言われている皮膚疾患で、正式名は「毛孔性苔癬」や、「毛孔角化症」といいます。
腕の毛穴を厚くなった周囲の角質が塞いでしまうことで、盛り上がってできます。通常の皮膚と同じものだけでなく、茶褐色や薄赤色の場合もあり、小学生に多く見られる症状です。
その多くは成長につれて消えますが、中には成人しても残っているケースがあります。
遺伝によるものの他、不規則な生活によりホルモンバランスが崩れてしまうことも原因になります。
ケアには、尿素が配合されているクリームがオススメです。保湿も忘れずに。
注意したいのは、ザラザラしているからといって、垢すりなどでゴシゴシ擦ってしまうことで、逆に痕が酷くなって、後悔するハメになりかねません。
なかなか改善されないような症状が酷い時には、一度、皮膚科へと足を運んで医師に相談してみましょう。